香港 中環~銅鑼湾

トランジット12hを利用して、香港を観光してきました。中環~銅鑼湾まで歩き、香港の今を目に焼きつける事が目的です。

徴用工と中国最高指導部の話

・光復節からの一連の徴用工問題 光復節そして三・一での演説は、過去に侵略戦争を起こした加害者としての日本という立場から、大目に見る=大騒ぎするべきでない、と思っていたのですが... 徴用工問題について「日本の指導者の勇気ある姿勢が必要だ」という…

台湾・香港 蔡英文/林鄭月娥

特筆書けることも少ないので台湾・香港とまとめることにした。 台湾・・・6月27日、蔡英文政権において最難関かと考えていた年金改革三法案が成立ー優遇利率18%が徐々に引き下げられることになった。十分な功績と言えるのであるが、満意度は30%以下。トラン…

中国 党大会の行方と経済情勢

次期首相候補と目されていた孫政才が失脚した。堅実さが売りで大胆さに欠けるといった特徴は、薄熙来の後継として毒された思想・根深い腐敗を打破するに、役不足だったようである。現執行部は彼を汚職で失脚させる代わりに、昇格させず政治局委員として残す…

北朝鮮 核と経済の並進路線

トランプ大統領が"with fire and fury"と言った後、朝鮮人民軍がグアム沖へのミサイル発射計画を明らかにしました。直接的な因果関係があるかは未証明ですが、緊張のレベルがまた一段と上がったことは事実でしょう。 専門家の話を聞いても、北朝鮮の核・ミサ…

韓国 社会矛盾と政治経済

一連の政治スキャンダルで財閥は巨額の寄付を行ったと非難され、サムスンの李在鎔副会長は懲役12年を求刑された。財閥3世ともなると1代目の苦労もほとんど記憶になく、傲慢性やモラルハザードが育つ一方、忍耐力や経営能力すら欠けかちであるという弊害が目…

日本 内閣改造と成長戦略

森友・加計問題がヒートアップし、内閣支持率が過去最低の35%(NHK)を記録したところで1年ぶりの内閣改造という手を打った。 野田聖子の政権入りという予想は93年組という視点から比較的簡単であったと思うが、河野太郎はノーマークでした。個人的に直前に至…

中国 「一帯一路フォーラム」

北京で「一帯一路フォーラム」が開催されました。G7で首脳が参加したのはイタリアだけだったものの、ロシア・トルコ・ASEAN諸国を中心に29ヶ国の指導者が参加、約130ヶ国が代表団を派遣し、国連事務総長・世界銀行総裁も名を連ねた。アメリカも直前に代表団…

韓国 文在寅大統領

大方の予想通り、文在寅が大統領になりました。 情報を追加し、所見を述べます。 1、選挙結果について 所々で「地域主義の時代が終わった」との論評を見たような気がしますが、僕自身は保留としておきたい。確かに三金(YS DJ JP)の時代と比べ、地域主義の…

国際情勢~時事ニュース~

韓国、中国、北朝鮮、イギリス、フランス。 ・韓国ー大統領選挙 先週の時点では「文在寅 VS 安哲秀」という構図だったが、現時点では「文在寅 VS 安哲秀 or 洪準杓」と、安哲秀候補の伸び悩みが目立つ。 韓国紙「毎日経済」とテレビ局MBNの調査によると、次…

参考文献リスト 50

日本 石川真澄、山口二郎『戦後政治史』第3版(岩波新書、2010年)。 森本敏『普天間の謎――基地返還問題迷走15年の総て』(海竜社、2010年)。 櫻澤誠『沖縄現代史――米軍統治、本土復帰から「オール沖縄」まで』(中公新書、2015年)。 五百旗頭薫他編『戦後…

日本 沖縄辺野古移設問題: 後編

出典:首相官邸 http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201504/17chiji.html 2016年3月4日、政府・沖縄県が、裁判所が提示した和解案を受け入れることで合意した時の握手。 ④守屋防衛事務次官と「キャンプ・シュワブ陸上案」等々 米軍再編に伴って、海…

日本 沖縄辺野古移設問題: 前編

出典:沖縄県 基地対策課メインページ http://www.pref.okinawa.jp/site/chijiko/kichitai/25185.html 橋本・モンデール会談(1996年4月)とSACOの最終報告(1996年12月)から20年以上が経過した。しかし、本日の日経(3月26日)を見ると「辺野古対抗策、時…

北朝鮮 六者協議: 後編

後編では第四回六者協議以降を扱う。 ③第四回六者協議ー大きな収穫(2005年7月26~8月7日・2005年9月13~19日) 六者協議のハイライトは間違いなく、第四回六者協議と共同声明にある。なぜなら、第五回以降、同会合は膠着状態を迎え、大した進展を見ぬまま萎…

北朝鮮 六者協議: 前編

「ザ・ペニンシュラ・クエスチョン」 昨年、北朝鮮で核実験・ミサイル発射が相次ぎ、六者協議は失敗だったかもしれないという専門家の意見が数多く聞かれた。ここで六者協議の成否まで占うことはできないが、事実の確認と復習を行う事にも少なからず意義があ…

北朝鮮 金正恩と国家思想

北朝鮮の内政とは如何なるものか。本来は労働新聞等を読み、その国家思想を読み解くべきだろう。しかし、それらの研究は私の能力を超えるいるので、まず手引き書として『金正恩著作集』『金正恩著作集2』を読んでみた。 キーワード:金日成・金正日主義、金…

中国 全国人民代表大会

李克強総理の記者会見(3月15日)を聞いている。 全てを網羅している訳ではないが、以下の質問があった。 米中関係、成長率、自由・保護貿易、政府のガバナンス、イノベーション、香港、中露関係、為替レート・外貨準備高、構造改革・雇用、アジア太平洋地域…

CHINA NPC 2017: Gov't work report

REPORT ON THE WORK OF THE GOVERNMENT Delivered at the Fifth Session of the 12th National People's Congress of the People's Republic of China on March 5, 2017 Li Keqiang Premier of the State Council 政府工作报告 2017年3 月5 日在第十二届全国…

韓国 "分裂"の考察

朴槿恵大統領が罷免された。 崔順実への怒り・光化門における「ろうそく」デモは想像を絶する推進力を生んだ。一方で、朴槿恵大統領を支持・「太極旗」デモも日を追うごとに勢いが増した。 李貞美所長代行の冒頭供述「国論分裂と混乱が終息することを望む」…

日本・韓国 慰安婦問題: 後編

②12・28合意とその後 急転直下の12・28合意と書いたが、基本的枠組みは「佐々江案」であると言われている; つまりは、野田ー李明博政権期に基礎を置いているということだ。次に、実質的な交渉が谷内正太郎ー李丙琪ラインで為された。朝日新聞の箱田編集委員…

日本・韓国 慰安婦問題: 前編

今日は三一節。韓国では新年度がスタートします。 そして、今日の水曜集会は大規模デモになるようで、一部では1000人が集まると報道されていた。慰安婦問題が相変わらず日韓関係をくすぶっている; 長嶺駐韓大使が一時帰国してから1ヶ月半、帰任する雰囲気に…

台湾 政治人物調査

今日という日は1947年2月28日から70年。台湾では非常に大切な記念日でしょう; 二・二八事件から70年が経過した。蔡英文政権にとっては初めての大きな記念日となります。 今回は、台湾に関連する物事として、TVBS: 国内主要政治人物声望調査(2/9~2/14)を総…

Neoclassical realism

国際政治理論について書こうと考えていたのですが、 はじめに、ネオクラシカル・リアリズムについて整理します。 ネオクラシカル・リアリズムという概念を広めたのはギデオン・ローズです。 今回はギデオン・ローズの論文を通して、ネオクラシカル・リアリズ…

台湾 蔡英文政権

蔡英文が総統選挙で当選してから早1年、5月20日の就任から7ヶ月半が経った。高い期待感を背負って総統に当選→就任した蔡英文であるが、今や支持率は30%以下まで下がっている(もっとも就任時には40%まで下落していた)。 出典:TVBS民調報告より筆者作成。 …

韓国 大統領選挙

韓国の次期大統領選挙についてKBSが興味深いデータを紹介していた。 憲法裁判所が3月13日までに弾劾案の結論を出すと仮定する(→朴槿恵大統領の罷免)と、連休前の4月26日(水)に次期大統領選挙が行われることが濃厚とされている。 出典:KBS NEWS http://n…

最近のニュース&雑談 part 2

出典:香港政府HP:http://www.info.gov.hk/gia/general/201701/27/P2017012700355.htm タータンタララタッタン~♪梁振英(CY)の最後の新年挨拶が始まります。イェーイ、学生と自撮り→香港の1年が幕をあけましたよっと。 そうです、春節!ニュースは退屈: 民…

台湾・香港 独立の可能性について

写真は左→游蕙禎(Yau Wai-ching)右→梁頌恒(Sixtus Leung) 香港の議員宣誓問題: 青年新政ー梁頌恒&游蕙禎は議員宣誓無効に異議を唱えて、終審法院へ上訴申請している。1) 申請が最終的に認められるのか 2) 判決はどのように下される 3) 判決後の青年新政…

北朝鮮 金正恩体制

出典:AFP BB NEWS http://www.afpbb.com/articles/-/3093174 金正恩体制へと移行して早5年が経過した。 その間に、特に人事においては目まぐるしい変化が起きている。北朝鮮のような独裁国家: 金王朝、そして謎に包まれた金正恩という人物を理解するために…

中国 南シナ海問題

出典:常設仲裁裁判所 PCA Press Release: The South China Sea Arbitration https://pca-cpa.org/en/news/pca-press-release-the-south-china-sea-arbitration-the-republic-of-the-philippines-v-the-peoples-republic-of-china/ 2016年7月12日、常設仲裁…

日本 野党論と民進党

今回は、野党の役割について考えてみる。 蓮舫さんが民進党の代表になり、3ヶ月以上が経過しました。しかし、民進党の支持率は低空飛行を続け、国民の期待は萎んだままです。 なぜ民進党は「水中に沈んでいる」(野田幹事長)のか、その原因について検討しま…